かみゆトップページ >  2018年4月 制作事例

制作実績

2018年4月 制作事例

『新選組 なぜ戦い、何を目指したのか───』(洋泉社MOOK)
5197OTjUXtL.jpg

2018年4月26日   [出版社: 洋泉社 ]

購入へ

新選組の始まりから終わりまでをイラストで解説した1冊です。
「義」を重んじ乱世を駆け抜けた新選組の生き様と死に様に迫ります。

「新選組目線の幕末史」、「新選組隊士列伝」「新選組の組織と仕事」の
全3章で新選組の全てを網羅します。
新選組が好きな人はもちろん、入門書としてもおすすめです。

『マンガで一気に読める!日本史』(西東社)
91Nxcr7B+SL.jpg

2018年4月24日   [出版社: 西東社 ]

購入へ

日本のはじまりから現代日本までの通史を
卑弥呼や織田信長、正岡子規などの人物ごとに
マンガで紹介するボリュームのある1冊です!

マンガのあとにその時代や重大事件を地図や写真を使って
詳しく説明した解説ページがついています。

監修はテレビ出演や講演会で引っ張りだこの
歴史コメンテーター・金谷俊一郎先生が務めています。
先生が解説する深堀りコラムでは、
新説や異説などのエピソードを紹介しています。

日本史がよく分からない人や学び直したい人は
ぜひ、手にとって読んでみてください。

『ゼロからわかるエジプト神話』(イースト・プレス)
71ksbeBE9iL.jpg

2018年4月15日発売   [出版社: イースト・プレス ]

購入へ

ゼロからわかる神話シリーズの第4弾!
今回は太陽神ラーや破壊神セトなどが登場するエジプト神話です。
キャラクターモチーフになることが多いため、名前を知っている神さまが多数登場します。

また、エジプトの歴代ファラオや文字のヒエログリフなど、古代エジプトにまつわるエピソードも
紹介しています。

ぜひ本書を手に取って、多彩な神々の個性とともに
古代エジプト世界の魅力を楽しんでください。

男の隠れ家美術シリーズ『プーシキン美術館展〜印象派の軌跡〜』(三栄書房)
180406_camiyu.jpg
担当ページ: 日本の美術館で出会うモネの《睡蓮》と印象派作品(P089~107)

2018年4月6日発売   [出版社: 三栄書房 ]

購入へ

ロシア・プーシキン美術館所蔵の印象派作品が来日する
「プーシキン美術館展」開催に伴い
印象派の画家たちや、彼らの代表作を紹介した一冊。

その中でも、モネ「睡蓮」を始め
印象派作品を国内で楽しめる美術館ガイドを担当しました。

「印象派作品には興味があるけれど、美術書は難しそうでなかなか手を出しにくい!」
「日本で印象派を楽しめる美術館リストがほしい!」
そんなあなたにピッタリなガイドブックとなっております。


Copyright © CAMIYU Inc. All Rights Reserved.