かみゆトップページ > 2017年 制作事例

制作実績

2017年 制作実績

『なぜ、地形と地理がわかると幕末史がこんなに面白くなるのか』
51+H2bLMoBL.jpg

2017年10月4日発行   [出版社: 洋泉社 ]

購入へ

ペリー来航から西南戦争まで、激動の時代を「地形と地理」から見直す一冊です。

現在の主要な都市や河川、街道は江戸時代に出来上がっており、
地名の多くは現在とつながっています。その意味で、
「江戸時代は現代の人間にとってイメージしやすい時代」といえます。

現在につながる歴史の転換点となった「明治維新」。
これには、人びとや地域のネットワークが重大な役割を担いました。

遠く離れた地域同士がなぜ連携したのか、重大事件はなぜその場所で起きたのか。
江戸時代と社会は分断しているのか。

本書と一緒に解き明かしてみてはいかがでしょうか。

『戦国最強の城』
614ccR3T11L._SX373_BO1,204,203,200_.jpg

2017年9月29日   [出版社: プレジデント社 ]

購入へ

最強の城を築いた最強の武将はいったい誰だったのか...。名将たちが築いた名城を取り上げ、その構造、役割、発展を解説し強さの秘密を紐解いていきます。

戦国最強を競う「熊本城」と「大坂城」、織田信長、豊臣秀吉、徳川家康、武田信玄、真田昌幸・幸村ら5大名将と城の関わり、CGとマップで解説する7大攻城戦、2大築城名人・黒田官兵衛と藤堂高虎の築城技術、国宝5天守の華麗な美など、武将と城をあらゆる角度から掘り下げた城ファンも戦国ファンも大満足の1冊です。

『戦国の城を極める! 廃城をゆく5』
haijyo5.jpg

2017年8月28日発売   [出版社: イカロス出版 ]

購入へ

「城」というと<戦国時代に築かれた>ことと、<天守・高い石垣・水堀がある姿>を思い浮かべる人が多いでしょう。しかし、現在観光名所になっている城のほとんどは、安土桃山・江戸時代に築かれたもの。山の中に埋もれた「廃城」こそが、本物の「戦国の城」なのです。

廃城をゆくシリーズ第5弾となった本書では、「豪族・国衆・大名の居城」「境目・前線の城」「領地支配の城」「攻城戦の付城群」と4つの役割ごとに、戦国の城をピックアップ。各城に載せた縄張図や鳥瞰図とともに、戦国の城の魅力に迫る1冊になっています。
「建物ないじゃん!」というなかれ、廃城は山の中にあったからこそ、縄張が破壊されず戦国時代の城の姿がほぼそのまま残っているんですよ。

『エリア別だから流れがつながる世界史』
91vLVrj+U0L.jpg

2017年8月21日発売   [出版社: 朝日新聞出版 ]

購入へ

タイトルの通り、今までの世界史関連書籍とは違い、
時代別ではなく、エリアごとに世界史の通史を網羅した1冊。
各地域の歴史を写真や図版、地図を豊富に用いて解説しています。

昨今、世界情勢は一日単位で激変しており、世界史に興味を持つ人が増えています。
そんな人達が、もう一度世界史を学び直せるような書籍になっています。

すでに重版がかかっているほど、人気の1冊になっています。
本屋さんで見かけたら、是非手に取ってみてください。

『一番やさしい ビジュアルでわかる 完全図解 戦国時代』
一番やさしい ビジュアルでわかる 完全図解 戦国時代.jpg

2017年7月28日発売   [出版社: 廣済堂出版 ]

購入へ

応仁の乱から天下が徳川の元に収まるまでを5つの時代に分け
地図やイラスト、CGを用いてわかりやすく解説した1冊となっています。

章始めについた全国マップで当時の情勢を理解してから、
時代背景などを読むことができるので、予備知識なしで読むことができます。

戦国時代を学びたい方、ぜひ手にとってみてください!

『応仁の乱 下克上への道』
応仁の乱 下剋上への道.jpg

2017年7月28日発売   [出版社: 英和出版社 ]

購入へ

「応仁の乱」の主要人物の動きに焦点を当てて、乱の流れを追う一冊です。

乱直前から室町幕府終焉までを一冊で扱っていますので、
各登場人物、出来事の繋がりが理解しやすくなっています。

乱の推移をさらっと理解するのではなく、きちんと理解できる一冊ですので、
ぜひ、お手にとってみてください!

『歴史REAL天下人の城』
歴史REAL天下人の城.jpg

2017年7月12日発売   [出版社: 洋泉社 ]

購入へ

天下人と呼ばれた織田信長や豊臣秀吉、徳川家康が築いた
戦国の世を変えた城を徹底解説した1冊。
工夫を凝らして築かれた城の説明から現在の発掘状況を
写真や図を交えて詳細に説明しています。

他にも2017年4月に日本城郭検定が認定した続日本100名城の完全ガイドも
掲載しており、お城ファンも楽しむことができます。

ぜひぜひお手にとってみてください!

『一個人 8月号』
51GnsW-eqjL._SX368_BO1,204,203,200_-1.jpg
担当ページ:特集内『祭り』の不思議、素朴なギモン10

2017年7月10日発売   [出版社: KKベストセラーズ ]

購入へ

今号の『一個人』は不可思議な日本の「祭り」を特集。
その中の祭りの基礎知識や歴史を紐解くページを担当しました。

「日本にはいくつの祭りが存在するのか?」
「神輿と山車の違いは?」
意外と知られていない日本の祭りの素朴な疑問を
イラスト満載で解説しております。
夏は祭りの季節、是非一度手に取ってみてください。

『関ヶ原合戦の謎99』
関ヶ原合戦の謎99.jpg

2017年7月9日   [出版社: イースト・プレス ]

購入へ

天下分け目の「関ヶ原の戦い」
史上最大規模の兵力が終結した戦いでありながら、
わずか半日で決着がついてしまった。

なぜ、家康は勝利できたのか?
なぜ、三成は敗北したのか?

戦前、戦中、戦後と
99の謎を追いながら
関ヶ原の戦いを理解する。

『角川まんが学習シリーズ まんが人物伝 真田幸村』
yukimura.jpg

担当ページ:

巻頭・巻末の解説ページ

2017年6月21日発売   [出版社: 株式会社KADOKAWA ]

購入へ

「日本の歴史シリーズ」で大ヒット中の角川まんが学習シリーズから、
日本の歴史上の人物を取り上げた「まんが人物伝」の第三弾が登場です!

戦場デビューは24歳と遅く、若い頃は活躍が少なかった真田幸村。
そんな幸村が、家康の首へあと一歩へと迫り、日本一の兵と呼ばれるまでの生涯を、まんがを通して紐解きます。

弊社では、様々なゲームやまんがで幸村の武器として度々登場する十文字槍や、弱音が書かれた家族宛の書簡などの解説ページを担当。
ほかにも、ドラマでも注目された「真田丸」の構造もビジュアルでわかりやすく紹介しています。

家族愛と最後まで武士の矜持をもち続けた「戦国最後の名将」の生涯が楽しく学べる一冊です。

『角川まんが学習シリーズ まんが人物伝 徳川家康 』
ieyasu.jpg

担当ページ:

巻頭・巻末の解説ページ

2017年6月21日発売   [出版社: 株式会社KADOKAWA ]

購入へ

「日本の歴史シリーズ」で大ヒット中の角川まんが学習シリーズから、
日本の歴史上の人物を取り上げた「まんが人物伝」の第二弾が登場です!


全武将悲願の天下統一は果たした男、徳川家康。

幼い頃は捕虜、大人になると織田信長の家臣となり、努力に努力を重ねた彼の人生は苦難の連続だった!?

弊社では、家康が残した遺品や、現在は皇居の一部になっている江戸城の今昔を見比べられる「なんでも大図解」など、巻頭と巻末の説明を担当。
様々な視点から努力の人、家康の強さの秘密に迫ります。

今作だけでも十分楽しめますが、第一弾の信長、第三弾の幸村とも合わせて読んでみてください。

『角川まんが学習シリーズ まんが人物伝 織田信長』
nobunaga.jpg
担当ページ:

巻頭・巻末の解説ページ

2017年6月21日発売   [出版社: 株式会社KADOKAWA ]

購入へ

「日本の歴史シリーズ」で大ヒット中の角川まんが学習シリーズから、
日本の歴史上の人物を取り上げた「まんが人物伝」が登場です!

戦国の革命児と呼ばれ、天下統一まであと一歩というところまでせまった、織田信長。
彼の破天荒で、豪快、意外と優しい面を持つ信長をまんがで楽しく知れる一冊です。

弊社では、オシャレ武将の一面を持つ信長の絢爛豪華な遺品の紹介や、幻の城安土城の天守についてなど、解説ページを担当しました。
ほかにも、信長の優しい一面が垣間見える「戦国新聞〜魔王信長爆誕号〜」や森蘭丸などの家臣に焦点を当てた「家臣ランキング」など盛り沢山です。


子ども向け、と侮る事なかれ。

ぜひ手に取ってみて下さい!

『カラー版徹底図解 城の攻め方・つくり方』
attack-cover-retake-galley.jpg

2017年6月15日   [出版社: 宝島社 ]

購入へ

全国各地から厳選した名城を、縄張、構造、合戦から紹介します。
天守や石垣が美しい近世の城から、
戦国時代の知恵が詰まった土の城まで
様々な城を取り上げています。

写真やイラスト、CGで初心者にもわかりやすく解説。
お城歩きのおともにこの一冊を持って行ってみてください。

『たのしく読める 世界のすごい歴史人物伝』
71VEAP3EabL.jpg

2017年6月6日発売   [出版社: 高橋書店 ]

購入へ

日本では世界のグルメが一通りそろい、連日さまざまな国のニュースが飛びこんできますが、
世界の歴史とか宗教問題を、むずかしいなあと感じている人は少なくないと思います。
確かに聞きなじみのない名前が多いし、国際関係は複雑です。

けれど「むずかしそう」のひと言で通り過ぎてしまうにはもったいない、魅力的ですごい人が世界の歴史上にはたくさんいます。
この本は、そんな世界史の有名人について、楽しいイラストとわかりやすい文章でまとめた、小学生でも読みやすい1冊です。
各人物の生き様や功績だけでなく、人物の活躍した時代背景や、世界の歴史の流れ、同時代に活躍した日本人まで内容もりだくさん!
はじめての歴史本としてはもちろん、大人が読んでも新しい発見がある本になっています。

「あっ、この名前聞いたことある!」というちょっとした親しみから、
いつか「世界史って楽しい!」という感情が芽生えますように。

『別冊歴史REAL池坊専好』
池坊専好.jpg

2017年5月12日発売   [出版社: 洋泉社 ]

購入へ

日本が世界に誇る伝統文化
「いけばな」の歴史が学べる本です。

戦国時代に活躍した立花師・池坊専好の事績を中心に、
古代から現在までを扱っています。

いけばなの世界は馴染みがないかも知れませんが、
これを機に知識を広げて見ませんか?
興味のある方は映画『花戦さ』も御一緒に。

マンガ 面白いほどよくわかる! 古事記
seitousya_kojiki.jpeg

2017年5月9日〜   [出版社: 西東社 ]

購入へ

スサノオの八岐大蛇退治や因幡の白兎など、
知っているようで知らない古事記の物語を
コミカライズした1冊です。
マンガの他にも古事記縁の伝承地の紹介や
古事記の謎について迫る解説ページもついています。
古事記って読んでみたいけど難しそうだな……なんて思っているあなた!
ぜひ、お手に取ってみてください。

2017年6月2日〜は全国のセブン・イレブンでも販売を展開します。

『ニャンと室町時代に行ってみた』
ニャンと室町時代に行ってみた.jpg
担当ページ:コラム1〜5

2017年4月21日発売   [出版社: KKベストセラーズ ]

購入へ

おかしな猫が各時代をご案内する「おか猫」シリーズの第2弾が登場。
今回の舞台は室町時代です。

闘茶と呼ばれる庶民の茶道から
戦の主力となった庶民の武器まで
下克上の時代の庶民にスポットライトを当てた一冊。

そのなかでかみゆはコラムを担当しました。
もぐら先生による漫画がわかりやすく室町時代を解説。
かわいい猫が目印となっていますので、お手に取ってみてください。

『歴史人 5月号』
歴史人5月号.jpg
担当ページ:特集内「戦国の山城を歩く」など

2017年4月6日発売   [出版社: KKベストセラーズ ]

購入へ

井伊氏の拠点となった彦根城が表紙の「歴史人」
今号は「戦国の城」を大特集。
その中の縄張図を使った戦国の山城歩きを担当しました。

他のページでは築城名人や現存12天守など
まるまる一冊戦国の城づくしとなっております。
ぜひ手に取ってみてください。

『ゼロからわかる北欧神話』
ゼロからわかる北欧神話.jpg

2017年4月9日発売   [出版社: イースト・プレス ]

購入へ

昨年7月に発売した同書に、10ページ程のキャラクターリストを追加、
文庫化しました。

様々なファンタジー系ゲームに登場する「最高神オーディン」
「世界樹ユグドラシル」など登場します。
北欧神話に興味がある方や北欧神話が好きな方に
おすすめしたい!そんな1冊になっております。

『ゼロからわかるギリシャ神話』
ゼロからわかるギリシャ神話.jpg

2017年4月9日発売   [出版社: イースト・プレス ]

購入へ

昨年10月発売された同書に10ページ程のキャラクターリストが追加され、
文庫化して登場。

ギリシャ神話に興味がある方、お手に取ってみてください

『「お金」で読み解く世界史』
お金で読み解く世界史.jpg

2017年4月7日発売   [出版社: SBクリエイティブ ]

購入へ

貨幣が登場する前の経済活動や
中世の国家間対立の間隙を縫って商業活動を行う商人、
歴史的大事件とお金の関係などを紹介しています。

数々の争いの原因となった「お金」。
戦争や政治で語られがちな世界史をお金を軸に解説しています。
この本を読めば、世界のお金の歴史はマスターできる1冊です

『地形と地理で読み解く古代史』
地形と地理で読み解く古代史.jpg
担当ページ:地形と地理で解き明かす古代史の謎10

2017年4月3日発売   [出版社: 洋泉社 ]

購入へ

地形や地理に着目し、歴史の出来事が「どこで」ではなく
「なぜそこで起こったのか」を解説する一冊。

古くから日本人の主食であった米の伝来ルートや
未だ結論の出ない邪馬台国の場所など
古代史の謎を徹底解説しています。

古代史を学びたい方や古代史に興味がある方に
おすすめの一冊です。

『29年度最新歴史資料集』
最新歴史資料集.jpg
担当ページ:源平の戦いーほろびゆく平氏ー、信玄・謙信と戦国大名、関ヶ原の戦いから江戸幕府の成立へ

2017年4月1日発売   [出版社: 明治図書 ]

購入へ

29年度版の歴史資料集の一部を担当しています。

現在の地図上に現れる源平合戦や川中島の戦い、関ヶ原の戦いや
各写真の説明などを担当しました。

ウェブサイト『Chara_lob』内「歴史キャラ徹底比較!」
chara_lob.png

<かみゆの担当・連載ページ(一部)>
歴史キャラ徹底比較!_Vol.1

2017年4月〜   [出版社: プリンツ21 ]

購入へ

日本が誇るキャラクター文化にさまざまな角度からスポットを当て、
多彩な記事を展開するキャラクター情報サイト『NIKKEI STYLE』内の
歴史人物がモチーフになったキャラクターを比較する
「歴史キャラ徹底比較!」の連載ページを執筆しています。
キャラクター好きも歴史好きもぜひ覗いてみてください!

ウェブサイト『NIKKEI STYLE』内「WOMAN SMART」
ns_logo.png womansmart.png

<かみゆの担当ページ(一部)>
随時掲載予定

2017年3月〜   [出版社: 日本経済新聞 ]

購入へ

ガジェットや働き方、健康など
ライフスタイルに関する情報を提供する情報サイト『NIKKEI STYLE』内の
女性に役立つ情報を掲載している「MONO TRENDY」のページを一部執筆しています。
かみゆでは、女性に人気なグッズを紹介するページを担当予定。
キャリアウーマンを目指す方も、主婦の方もぜひ覗いてみてください!

『よくわかる日本の城 日本城郭検定公式参考書』
よくわかる日本の城 日本城郭検定公式参考書.jpg

2017年3月14日発売   [出版社: 学研 ]

購入へ

日本城郭検定の参考書としても、
お城を訪ねる解説書としても使える一冊。

我が国の城を通史で説明する歴史編と
天守だけではない城を作る各部分を説明する構造編の
2部で構成しています。

この本を読んで、城ビギナーの方は城に行ってみてはいかかでしょうか

『なぜ、地形と地理がわかると現代史がこんなに面白くなるのか』(洋泉社歴史新書)
51-DrRXtjUL.jpg

2017年3月2日   [出版社: 洋泉社 ]

購入へ

「なぜ、その場所で起きたのか」
変わりつつある世界秩序を理解するために
100年の現代史を、地形的・地理的要因から読み直す。
地形と地理から読み解くシリーズ第5弾。

『「名城歩き」徹底ガイド』
「名城歩き」徹底ガイド.jpg

2017年2月20日発売   [出版社: 洋泉社 ]

購入へ

城ファンから大好評の『「山城歩き」徹底ガイド』の第2弾が登場。

城の見所である縄張(城の構造・配置)のわかりやすい解説や城の断面イラスト、復元CGなどの多彩のビジュアルで城への理解を深めることができます。

しかしこの本の一番の魅力は、各城の研究者や学芸員によるガイドです。
まるで彼らが隣にいて説明してくれているかのように案内をしてくれます。
この本があれば、遺構や注目点を見逃すことはありません。

本を片手に、日本の名城を巡ってみてはいかがでしょうか

ウェブサイト『ユカリノ』内「ニッポン銅像探訪記」
yukarino.png

<かみゆの担当ページ(一部)>
第4回:皇居の四囲を護る〝守護者〟となった銅像たち


2017年2月〜   [出版社: kazeniwa ]

購入へ

全国各地の「ゆかりの地」にスポットを当てた、
日本の歴史を旅するためのサイト『ユカリノ』内の
日本全国偉人ゆかりの地にある名銅像・珍銅像をガイドする
「ニッポン銅像探訪記」の連載ページを執筆しています。
旅行のおともにいかがでしょう?

『大人が観たい美術展2017』
大人が観たい美術展2017.jpg
担当ページ:「美と恐怖の顔をもつ名画にひそむ闇」(34〜35p)、華麗なる巨匠が挑む革新的日本画の世界(80〜81p)、コラム1〜4(36〜37p、58〜59p、82〜83p、102〜103p)

2017年2月3日発売   [出版社: 三栄書房 ]

購入へ

2017年に西洋絵画や日本絵画が展示される美術展を85展をガイドした雑誌。
かみゆでは怖い絵展や加山又造展の紹介やコラムを担当しました。

今年もミュシャ展をはじめとする西洋絵画達が次々来日します。
しかし日本絵画も負けじと美術展を開かれます。
この本を読んで美術展に足を運んでみてはいかがでしょうか

ウェブサイト『NIKKEI STYLE』内「トラベル」
ns_logo.png travel.png

2017年1月〜   [出版社: 日本経済新聞 ]

購入へ

ガジェットや働き方、健康など
ライフスタイルに関する情報を提供する情報サイト『NIKKEI STYLE』内の
旅に役立つ情報を掲載している「トラベル」のページを一部執筆しています。
かみゆでは「お城」関連の記事をおもに担当。
お城に興味はあるけど書籍には手が出しずら……なんて人は
ぜひ覗いてみてください!


Copyright © CAMIYU Inc. All Rights Reserved.