お知らせ twitter rss

[2016年06月23日]

真田丸!
517HYaVBs6L._SX352_BO1,204,203,200_2.jpg

見よう!



『山城歩き徹底ガイド』最速で重版決定!

[2016年04月27日]

4月11日に発売された
『「山城歩き」徹底ガイド』(洋泉社)が、
発売からわずか1週間足らずで重版決定しました!

全国の城ファンのみなさま、どうもありがとうございます。

さっそく第2弾も予定しておりますので、どうぞ楽しみに!!

GWは山城へ!『山城歩き徹底ガイド』4/11発売です!

[2016年04月08日]

山城歩きの決定版、
『「山城歩き」徹底ガイド』(洋泉社)が4月11日に発売されます!

yamajiro2_cover_nyukou2_mihon.jpg

「山城って興味があるけど難しそう」という意見をよく聞きます。
本書では、初心者の方でも山城を楽しんで歩いてもらえるように、
ひとつひとつの山城をビギナー目線でていねいに解説しました。
本書がこだわった「5つのポイント」を紹介しましょう。

Point.1「Q&Aと持ちものガイドで不安解消」
山城へ行ったことがない人は、
「どの山城へ行けばいいの?」「ひとりで危なくないの?」など
さまざまな不安や疑問点があるでしょう。
本書の巻頭では、Q&A形式でそんな初心者の質問に答えます。
さらに、服装や持ちもの、心構えやマナーについてもわかりやすく紹介します。

Point.2「プロが教えるルートガイド」
はじめて行く山城は、愛好家や専門家であっても見どころがわかりにくいもの。
本書では、専門家や教育委員会の人など各山城の"プロ"と呼べる方々が、
まるで読者といっしょに山城を巡っているかのようにガイドします。
登城口や駐車場からスタートして、
登城道に従って見どころや遺構、その山城の特徴を解説。
誌面上で山城をぐるりと一周しますので、
本書を読んでから山城へ行けば、見どころを見逃すことはないでしょう。

chapter1_syusei040102.jpg

Point.3「駐車場やトイレなど詳細な山城情報」
山城訪問のさいに必要な、
公共交通機関でのアクセス、駐車場の有無、
トイレの場所、登城時間といった詳細データを掲載。
訪問と登城のイメージがわきますし、計画が立てやすくなります。

Point.4「歩けるマップ(縄張り図)付き」
山城歩きの必需品とされる平面図(縄張り図)。
初心者にはこの読み解きが難しく、そのせいで山城を敬遠する人も多いのですが、
本書では着色によって曲輪や堀を表現し、
さらにルートや写真の位置なども明示することで
初心者にもわかりやすく"歩ける"マップを掲載しました。
A4大とサイズも大きいので、
山城歩きのさいはこれをコピーして持参してもよいでしょう。

chapter1_syusei040102-6.jpg

Point.5「全国の特徴あふれる16城を紹介」
今回は城ごとにテーマをもうけて、
全国の特徴あふれる山城を紹介しています。
「総石垣の山城」「ダイナミックな土の城」
「合戦の舞台となった山城」「巨大化した戦国大名の居城」
「前線に築かれた戦う城」「支城による防衛ライン」などなど。
もちろん、取り上げている16城は
どれも初心者向けによく整備された山城です。

さらに、城ファンからの一般投票をもとにした
山城ランキングTOP10を発表。
「土の山城」 第3位:丸子城、第2位:山中城
「石垣の山城」第3位:岡城、第2位:竹田城
「山城の眺望」第3位:苗木城、第2位:龍王山城
それでは、3テーマの1位に輝いた山城はどこだったのか?
是非本書で確認してください!
城ファンからの愛情あふれるコメント入りです。

さらにさらに、芸能界一の山城好きと言っても過言ではない
春風亭昇太師匠の特別インタビューも掲載!
山城の魅力と鑑賞のポイントについて、じっくり語っていただきました。
昇太師匠曰く「山城は今、"夜明け"のとき」----その心とは?

山城のおもしろさと情報を凝縮した一冊です。
魅力的な山城への一歩を踏み出してみましょう!

最新制作実績


517HYaVBs6L._SX352_BO1,204,203,200_2.jpg

『真田丸 後編』(NHK大河ドラマ・ストーリー)
2016年5月20日発売 [出版社:NHK出版]

詳細へ

nazo99.jpgのサムネール画像のサムネール画像

『日本の神様と神社の謎99』(イースト新書Q)
2016年5月11日 [出版社:イースト・プレス]

詳細へ

rekishijinbutsuden.jpgのサムネール画像

『たのしく読める 日本のすごい歴史人物伝』
2016年4月25日発売 [出版社:高橋書店]

詳細へ



戦国武将占い

「かみゆ」には、「紙を結う仕事を全うしたい!」という想いが込められています。
本や雑誌が好きです。斜陽のメディアと言われていますが、そこには人類の叡智と温もりがつまっています。
一方で、WEBやデジタルコンテンツも好きです。紙メディアで培われた技や方法を活かす余地は、まだまだ残されていそうです。
そんな気持ちを抱きながら、真摯に、懸命に、仕事に取り組んでいきます。

代表
滝沢 弘康
編集部
二川 智南美
小沼 理
浅野 光穂
丹羽 篤志
仲田 佳惠
スタッフ
青木 一恵
真田 明日美
齋藤 真由香
野中 咲希
河合 将輝


Copyright © CAMIYU Inc. All Rights Reserved.